ネクオロでした
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
零の使い魔。 ~十二話・闇~
2009-05-24 Sun 16:53
よし、無表情仲間同士、タバサの考え少しずつ読めるようになってきたぞ!

                                                    <ダンケ>

……確かめる必要がある。

                                                    <タバサ>

ど、どうしてわたしの出番がないの!? 主役でしょ、わたし!

                                                    <ルイズ>

 ~闇~ 

 王城に到着した彼等を待ち受けていたのは、多数の魔法衛士隊だった。
 詳しいことは知らないが、何か重大な任務を受けているのはルイズの反応からして明らかだ。
 でなければ、魔法衛士隊隊長がわざわざ同行する筈がない。
 もっとも、彼は敵に内通していた裏切り者だったらしいのだが。
 ルイズが衛士隊と交渉している最中、キュルケとダンケが言葉を交わしている。
 風に乗って流れて来る二人の会話を、タバサは何となく聞いていた。
「キュルケ……色々と助かった……礼を言う」
「あら? わたし、何かしたかしら?」
「……世話になった」
 ダンケの言葉の意味が分からず、キュルケが首を傾げている。
 世話になったと彼は言ったが、いったい何の話だろうか?
「ルイズのこと?」
「―――いや」
 次いで彼が視線を向けた方向に居るのは―――タバサだった。
 二人の視線が交差する。
 タバサは―――ガリア王国の王族であり、その本名はシャルロット・エレーヌ・オルレアンという。
 彼女がトリステイン魔法学院に居るのも、厄介払いとしての措置に過ぎない。
 感情を表に出さないのは、その裏に秘めたある“目的”をひた隠す為。
 ダンケの視線は何かを推し量るように、タバサへ注がれている。
(もしかして、彼は……)
 自分の素性を知っているのかもしれない。
 今になって思い返せば、ダンケは最初に会った時からタバサに対して協力的だった。
 元々、彼が優しい性格なのもあるだろう。
 だが、本当にそれだけだろうか?
 ルイズは顔を見せたアンリエッタ王女と共に宮殿に入っていく。
 しかし、彼女の使い魔はそのあとに続こうとはしなかった。
 物陰に腰を落とすと、いつものように無表情で空を見上げている。
(……不機嫌?)
 どこか青年の纏っている気質がピリピリしている気がする。
 彼は何よりも主のことを遵守して今まで行動してきた。
 いくら宮殿の中に居るとは言え、ルイズから自ら進んで距離を取ったりするだろうか。
 思えば、彼の態度が硬くなったのは宮殿に近付いてからだ。
 魔法衛士隊を前にして、ダンケは何時でも戦闘に映れるように身構えていた。
 彼等の中に裏切り者が居た以上、警戒するのは仕方ない。
 ただ、少々反応が過敏すぎではなかろうか。
 もしや、彼は王族のことが―――。
 そこに考えが至った時、針で刺されたような痛みが少女の胸を襲った。
(確かめる……しかない?)
 自分のことを知っているのならば、その理由を訊かねばならない。
 最悪……。
 悲壮な決意を固め、タバサは顔を上げた。
 彼との距離は僅か数メイル。
 だが、彼女にはその距離がやたらと長く感じるのだった。



別窓 | 零の使い魔。 ~聖十字の騎士~ | コメント:5 | トラックバック:0
<<リリ勘。第十二話。 | 後悔すべき毎日 | リリ勘。第十一話>>
この記事のコメント
タバサの正体がここで発覚するのか?
あれ、何か原作よりも早くタバサの正体発覚イベントが起きるっぽい雰囲気……。
2009-05-24 Sun 19:54 | URL | ベリウス #VSnRaRv6[ 内容変更]
タバサキターーー
タバサすらも騙しますかダンケは
ダンケ無双(自意識無し)
2009-05-24 Sun 20:57 | URL | コイピー #-[ 内容変更]
今後のダンケとタバサの会話を想像して、
「相手の言葉を肯定してるだけで相手を騙してしまった」という伝説のうなずきエルフを思い出した……。
どうなる、ダンケ。

追記:ありがとうございます。大分新着記事を見つけやすくなりました(^^
2009-05-24 Sun 22:21 | URL | bottomless #mQop/nM.[ 内容変更]
周囲はどこまでダンケを置き去りにして
いくのだろうか…

しかし…ネクオロさんは話しの構成がウマいなァ
次回を待っています
2009-05-25 Mon 12:58 | URL | asakura #-[ 内容変更]
こんにちは
こんにちは
久しぶりに入って来て見たら多くの量がアップデートされていて嬉しかったです.
翻訳機回して行きながら読むほどにおもしろく読んでいます.
ダンケの冒険はまだ終わらないのですね.
とにかく, 人々がダンケの本来の姿を悟るようになればいくら大騷ぎが起こるか恐ろしい位ですよね.
反対に, ダンケが自分の意志で 7万大軍を向けて突進する姿も見たいですね.
いつも面白く読んでいます.
力を出してください!
2009-05-25 Mon 17:41 | URL | LONELY HUNTER #6GgKOieI[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 後悔すべき毎日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。